プルノット/ バローロ [2018] 750ml・赤ワイン

おかげさまで
創業150周年

ワイン品揃え6,000点以上!日本酒 焼酎 お酒類 ドリンクも豊富

  • プルノット/ バローロ [2018] 750ml・赤ワイン
  • プルノット/ バローロ [2018] 750ml・赤ワイン
  • プルノット/ バローロ [2018] 750ml・赤ワイン
  • プルノット/ バローロ [2018] 750ml・赤ワイン
  • プルノット/ バローロ [2018] 750ml・赤ワイン
  • プルノット/ バローロ [2018] 750ml・赤ワイン

プルノット/ バローロ [2018] 750ml・赤ワイン

赤ワイン


    

定価:¥5,693

5,665税込

283ポイント獲得!今だけポイント5倍

283 円分キャッシュバック!

  • 商品番号
    en10100084
  • 商品情報
    イタリア>ピエモンテ
  • 赤ワイン
  • 発送予定
    2~3営業日以内発送予定
  • 送料について
    2万円以上は送料無料(一部地域は除く)
  • お支払いについて

    Amazonアカウントでカンタン決済!

    楽天ポイントが貯まる!使える!

  • AmazonPay
  • PayPay
  • 楽天Pay
  • GMO後払い
  • クレジットカード
  • 銀行振込
まだレビューの投稿はありません
レビューを投稿する star star star

商品情報:

ベルベットのような滑らかさの中に力強さを秘めた古典的バローロ

熟したラズベリーやブラックチェリーなどの果実のアロマと、ユーカリやスミレのフローラルな香りとメンソールやなめし革などの複雑な香りが立ち上ります。マイルドな果実味とバラやリコリスなどの華やかな風味が一気に広がり、しっかりとしていながらも綺麗なタンニンと黒コショウのスパイシーな風味を感じる余韻がどこまでも長く続きます。

色・タイプ 赤/フルボディ/辛口
品種 ネッビオーロ100%
容量 750ml
産地 イタリア ピエモンテ州

こちらの商品はお取り寄せ商品になります。

  • 発送まで2日–5日お時間が掛かります。
  • 発送予定日は予告なく変更される場合がございます。
お取り寄せ商品 発送スケジュール(平日の場合)
  • AM10:00までにご注文いただくと火曜日に発送可能。
  • AM10:00までにご注文いただくと水曜日に発送可能。
  • AM10:00までにご注文いただくと木曜日に発送可能。
  • AM10:00までにご注文いただくと金曜日に発送可能。
  • 金曜日が祝日の場合AM10:00以降のご注文は翌週火曜日に発送可能となります。
  • AM10:00までにご注文いただくと土曜日に発送可能。
  • AM10:00以降のご注文分は火曜日に発送可能。
  • 月曜日が祝日の場合AM10:00以降のご注文は翌週水曜日に発送可能となります。
  • 火曜日に発送可能。
  • 月曜日が祝日の場合翌週水曜日に発送可能となります。
  • 火曜日に発送可能。
  • 月曜日が祝日の場合翌週水曜日に発送可能となります。
祝日の対応(月、火、水、木の場合)
  • ご注文日が祝日の場合は翌々日に発送可能。
  • 祝日の前日のAM10:00以降のご注文分はご注文日から4日後に発送可能。

プルノット

香り高く、洗練されたバローロとバルバレスコ

1923年、第一次世界大戦後、経営の厳しかったランゲ・ワイン協同組合をアルフレッド・プルノット氏が買い取ったことから、プルノットの歴史は始まります。アルフレッド・プルノット氏は、経営者としてだけではなく醸造家としても手腕を発揮し、当時の世界市場で「ピエモンテのワインと言えばプルノット」と言わるほどの知名度を誇るワイナリーでした。

様々な畑のブドウの混醸が一般的であった当時のピエモンテにおいて、「Cru(クリュ)」の概念を初めて導入したのもプルノットでした。それはつまり区画ごとのテロワールの違いを理解し、その個性を活かすようなワインを造ること。まさに谷に囲まれたランゲ村は、畑ごとに日当たりも傾斜も土壌も異なる「マイクロ・クライメイト」でした。しかし、ピエモンテでは農地の所有者であるワイン生産者と、畑の手入れをする農家が別で、買い入れたブドウでワインを造ることが一般的であったため、自由にブドウを買い集め混醸し、たくさんのワインを造ることが優先されていたのです。そのためプルノットがリリースした単一畑の「バローロ・ブッシア」は、バローロの品質を劇的に向上させるきっかけとなる、非常に革新的なワインだったのです。

30年以上に渡りプルノットを守ってきたアルフレッド氏でしたが、1956年に勇退。友人である醸造家のペッペ・コッラ氏にワイナリーは引き継がれ、そして1989年プルノットは、当時から販売協力関係にもあったアンティノリに引き継がれます。

アンティノリの改革

アンティノリがワイナリーを運営するようになり、伝統的製法を大切に守りながら、より品質を高めるために、大規模に投資していきます。

栽培

まず、畑の改革。プルノットでは、バローロでも最上級と名高い優良畑「ブッシア」をはじめ、バルバレスコにも畑を買い増し、自社畑を少しずつ増やしています。これは前述のとおり、買いブドウでのワイン造りが一般的なピエモンテにおいては珍しいことです。さらに毎年、50ヘクタールある所有畑のすべてを隈なく調査し、土壌に最適な手入れ方法を研究し続けています。その結果、新たにバルバレスコの畑の一部にシラーを植える試みも行っています。 ブドウの品質を高めることが、ワインの品質を高めるという信念のもと、常に畑に向き合い丁寧に畑を手入れしています。

醸造

1999年には老朽化したセラーを、最新の温度管理機能を備えた施設に一新。発酵用のタンクは、古いコンクリート製のものから、ステンレス製に変更。これは清潔さとブドウがもつアロマを保つことはもちろんのこと、開口部が大きく発酵中スキンコンタクトさせておくのにも役立ちます。熟成用の樽は、ピエモンテで続々と導入されていた225リットルの小樽(バリック)を採用するとともに、従来の10,000リットル・サイズのスロベニアン・オークの大樽を、より小さい5,000〜7,500リットル・サイズへ変更しました。樽の大きさはワインの「樽の風味の強さ」を左右し、小さくなるほど樽の風味が強くなります。バローロ、バルバレスコは主にこの大樽で熟成されることで、絶妙なバニラの香りとまろやかなボディをもったワインに仕上がります。

スタイリッシュでロマンティックなネッビオーロ

ピエモンテの象徴的なブドウであるネッビオーロは、ときに「野獣のようなブドウ」とも言われ、酸がきつくタンニンが非常に強い、強烈な個性を持った難しいブドウです。しかしプルノットのワインはいずれも、モダンでスマートなワインに仕上がっています。嗅いだ瞬間くらっとするようなバラやスミレのアロマと、鮮烈で凛とした美しい酸。飲む者を手招きするように、オープンな雰囲気、それでいて長命を予感させる分厚い構成。

特にバローロは、「力強さ」を表現した層の厚いワイン。一方バルバレスコはブルゴーニュに通ずるような「フェミニンさ」を強調して造られています。ピエモンテとネッビオーロを語る上で、切り離せないバローロとバルバレスコ。この両者を飲み比べることで、ブドウの奥深さとピエモンテという土地のコントラストを感じることができます。

歴史あるワイナリーに、アンティノリ流の魔法をかけた、スタイリッシュでロマンティックなワインを一度、お試しください。

BEST SELLER定番売筋アイテム

売筋商品をもっと見る

FEATUREオススメの特集

clear

プルノット/ バローロ [2018] 750ml・赤ワイン